私は子どもの頃からバイクに憧れていて、大人になったら必ず免許を取ってバイクに乗ると心に決めていました。
しかし、両親はバイクに乗ることが危険だと考えていたため中型免許が取れる年齢である16歳になっても許可が出ず、18歳になっても自動車の免許は取るように勧められたもののバイクの免許は禁止されたままでした。

自動車の免許を取るために教習所に通っているときは、自分の教習がない時間はいつも窓からバイクの教習を眺めていました。
あの頃の悔しさとやるせなさは今でも忘れられません。
無事自動車免許を取得し、さらに月日が経って大学を卒業して社会人になると同時に一人暮らしを始めると、ついにバイクの免許を取っても良いと両親から許可が下りたのです。

新社会人として社会のマナーと会社の仕事を覚えるのに精一杯でありながらも、教習所に二輪免許取得の申し込みをしました。
教習で乗ったバイクは、あまりにも有名なホンダのCB400の教習車仕様です。
これまでバイクについての様々な情報を集めていましたが、教習車仕様のCB400はパワーがなく乗っていてもつまらないという評判でした。
しかし、実際に乗ってみるとバイクに乗るという憧れがついに実現したこともあってか、非常に楽しかったのです。
教習も順調に進み、無事に中型二輪免許を取得できました。

しかし、免許はあってもバイクを買うお金がありません。
しばらくは会社員として熱心に働き、バイクを買うための貯金を続けていました。
そして半年が経った頃、ついに貯金が貯まりバイクを買うことが出来たのです。
購入したバイクは、ホンダのCB400SFです。

バイクを趣味とする人の間では、CB400シリーズは教習車しか知らない人がなんとなく買うモデルとして良くない評価を受けていました。
しかし、私はそういった評価があることを知った上でこのモデルを選んだのです。
その理由は、基本に忠実な走行が出来るスペックで、モデルの違いにとらわれないバイクそのものの楽しさを知ることが出来ると考えたからです。
実際に乗ってみると、教習車とはまったく違うバイクであることが体感できました。
加速は速く馬力もあるためどこへでも行くことが出来る気分になり、休日には一日で300kmを走行することもありました。

現在は3台目のバイクに乗っていますが、これまで乗ったバイクは全てホンダです。
ホンダこそが、私のバイクへの憧れを具現化してくれたのです。

Copyright© ホンダ株買い方.com , 2017 AllRights Reserved.